Biography

小林一昭

神奈川県 横浜市出身

小学校5年生の時に親の勧めでクラシックギターを始める。

高校2年生の時に、友達の誘いでギターを弾けるならベースも弾けるだろうという理由でベースに転向。この頃からバンド活動開始。

2010年に、ドラマー辻和也の自主制作ソロアルバム「CrossRoad」に参加。その際のメンバーを中心に「CrossRoad」活動開始。「FRAGILE」「手数セッション」「異打樹!」「Trimurti」との共演を果たす。

その後、東京ビッグサイトで開催されたライブイベント「amphead」や、赤坂BLITZでの安藤エイム東京公演などに出演。好評を博す。

現在はセッション、レコーディング、その他アーティストのライブサポート等の活動を行っている。

 

Kazuaki KOBAYASHI born in Yokohama-city, Japan.

As a bass player, he supports the live event of various artist and also performs at many sessions and recordings.

He began to play classical guitar from 11 years old, then at the age of 16, started to perform in a band as a bass player.

In 2010, he performed with the drum player Kazuya TSUJI for his solo-album “Cross Road” and then got a band also named “Cross Road” together with members who participated in the album.

Also co-starred with “FRAGILE”, “Tekazu-session”, “IDAKI!” and “Trimurti”.

He got favorable reputation as a live performer through the event “amphead” in Tokyo Big Sight(2014) and Aims ANDO’s  live performance in Akasaka BLITZ / Tokyo(2017).

Performed with 主な共演者 

菅沼孝三 矢堀孝一 水野正敏 永井敏己 ISAO 江川ほーじん 佐々木秀尚 山本真央樹 松尾啓史

田川ヒロアキ 哲J ピエール小野 山葵(和楽器バンド)  新保恵大(PENGUIN RESEARCH)

ミト充(オメでたい頭でなにより)川口千里 広原かおり 高槻かなこ(Aqours) 渡部将人 渡辺将也 TAKA

安藤エイム …etc ※敬称略

Kozo Suganuma,Koichi Yabori,Masatoshi Mizuno,Toshimi Nagai,ISAO,Hojin Egawa,Hidehisa Sasaki,Maoki Yamamoto,Hiroshi Matsuo,Hiroaki Tagawa,Tetsu-J,Pierre -Ono,Wasabi(Wagakki-band),Keita Shinbo(PENGUIN RESEARCH),Mito-Mitsuru(Omedetai-Atama -de-Naniyori),Senri Kawaguchi,Kaori Hirohara,Kanako Takatsuki(Aqours),Masato Watanabe,Masaya Watanabe,TAKA,Aims Ando

…..etc

Special Thanks

僕のベースの音を聴いてくれた皆様。

Everybody who came to this page.

Latest Tweet

Movies







NEXT GIG:koba's kitchen

Contact

ライブ出演/サポート/レッスン等の問い合わせは下記フォームからどうぞ
Send inquiries from the following form.

必須お名前
必須メールアドレス
必須タイトル
メッセージ
[recaptcha id:recaptcha]